Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.03.30 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Shousho

世界中みんなともだち

皆様こんちは!

先日ゲイバーなる未知の領域に足を踏み入れてみました!

まず2丁目の雰囲気!怖い、、、様々なカップル?を横目に内心気が気じゃない僕と友達ついにネットで調べた初心者さんにやさしい店に到着

そして店の前で怖気づく二人、、、しかしここで引くわけにもいかず帰りたい気持ちを好奇心が打ち勝ち突入する勇者2名、、、そこに広がった光景は、、、なんと


案外普通のバーでした。はい

まだ開店したばかりでお客さんはいない。

ただ違う?のはそこにいるのが、只ならぬオーラを放つおっさ、、マスター、身構える僕ら、、、ひと時の静寂が店内を包みこむ

初心者だと気付いたマスターは丁寧にカウンターに案内してくれました。

生を頼む僕と友達、手慣れた手つきで淡々とビールを注ぐマスター、緊張しまくりで会話できない僕らは出されたビールでとりあえず乾杯

そして噂に違わないオカマのトークテクが場を支配して徐々に僕らの緊張がほぐれ始めた時、ゆっくりとドアが開いた

そこにはまだあどけなさが残る青年がいた、、、瞬時に僕、とおそらく友達も(どっちだ?)と思考をフル回転させる。

彼は大阪からチャリと青春18切符で北海道を目指してると言うロマン溢れる青年だった。

そして僕は気付いたおっさ、じゃなくマスターのキレが増している事に、先ほどとは違いそこには狩人の目が狙いを定めて鋭く光っていた。

ヤバい!と思ったが、お酒がまわってるせいか面白そうと思ってしまいとりあえず様子を見る。

彼が来た事でトークも盛り上がり楽しいひと時はあっというまに過ぎて行った。

帰り際マスターと握手をする僕と友達、そして握手の代わりに体を触られる彼特にケツの方それを見てやっぱりか!と思いつつ笑う僕ら、

帰り道彼に目覚めそう?と聞くとはにかむ彼それ以上は聞かずにまた会えたらと夜の街に消えていく彼を見送り

僕らも駅へ向かいまた行こうなと言いながら駅でわかれ僕は心底狙われなくて良かったと安心しながら帰りました。

ちなみにマスターは昔美容師をしていたらしく、なぜか不安を覚える僕。

皆様も興味があればチャレンジしてみて下さい。未知の場所などは怖いと思いますが、勇気を出して踏み切ると、そこにで新しく目覚めるものがあるかもしれません。

あ、誤解を恐れずに言いますが僕は目覚めてませんから!振りとかではなく本当に!

では皆様長くなりましたがここでお別れです。

    Have a good day!
  • 2014.09.04 Thursday
  • 16:43

-

スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • 16:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback